建築・住宅空間を衣服のように季節ごとに着替えることはできるのか

img_andozaka-coin_1f_ykk_fastener

1月23日(木)17時から、衣服などのために開発された様々なファスナーの機能についてのプレゼンテーションと建築や住宅への応用の可能性についての意見交換会を開催します(協力:YKKファスニングプロダクツ販売株式会社)。

主催の文京区11.31リデザイン研究会(※)は、文京区内に事務所を構える30代の若手建築家を中心としたまちづくり活動の研究会です。

行政や組織による総合計画や大規模再開発ではなく、既存の都市インフラを活用しながら地域の産業や文化、生活に焦点をあて、ゆるやかなつながりや細やかなアプローチから生まれる小さなまちづくりを建築とデザインの視点から検討しています。

文京区には医療機器業と印刷製本業という地場産業があります。この地場産業に注目し、その資源を生かしながら21世紀にふさわしいまちづくりを行っていきたいと考えています。

※11.31は、文京区の面積11.31キロ平方メートルを表しています。

  • 参加資格:文京区内に建築設計事務所を開設している39歳までの建築家
  • 日時:2014年1月23日(木)17時~18時30分
  • 場所:Andozaka COIN 1Fイベントスペース
  • お申込み:不要
  • 主催:文京区11.31リデザイン研究会
  • 協力:YKKファスニングプロダクツ販売株式会社、Andozaka COIN

Comments are closed.